TOP

田舎者の私が風俗で遊んだ時の体験談日記をのせてみました。

たまにはソープに行くべきかなと

たまにはソープに行くべきだなって感じました。いつも風俗ではお財布と相談してピンサロとか安い所を利用することが多いんです。お金持ちであれば自分の風俗ライフもまた、違ったものになっていただろうなとは思いますけど現実的にはどうしてもお金と相談しなければならないのでソープはなかなか利用する機会がありませんでした。でもこの前ソープに行ってきたんですけど、相当良かったんですよね。そして思ったんです。たまにはソープに行ってがっつりと満足感を味わうのも悪くはないなって。他の風俗も悪くはないんです。ただソープだけで出来ることもあるじゃないですか。その快感は他では味わえないし、何よりも男として満たされたような気もするんですよね。相当高い満足感になったなって思うので、今後は少し無理をしてでもソープに行くべきだなって思いました。風俗店を出た時はプレイを振り返るようなことはありませんが、その日のソープではずっと思い出してましたし。

性欲だけの話ではない

風俗で発散出来るのは性欲だけじゃないと思うんです。自分がここまでハマってしまった理由でもあるんですけど、単に性欲を発散出来るってだけじゃなくていろいろな時間を過ごせるじゃないですか。選択肢も多ければ、選択肢によってどんな時間になるのかだって変わるじゃないですか。それが風俗の楽しさですよね。どんな楽しさが待っているのか分からない点。これは紛れもなく風俗だけの楽しさでもあると思うんですよ。ただでさえ男は女の子って存在が特別だと思うんですけどその「特別な存在」といつでも楽しめる点が風俗の何よりの魅力でもあるんじゃないかなって思うんですけどね。あくまでも自分の中でって話ですが、やっぱり特別感がある方が利用する際にドキドキ感があるじゃないですか。そこがまず嬉しいものですよね。もしかしたら本当は他にもいろいろな事情があるのかもしれませんが、少なくとも自分にとっては「特別感」など性欲以外にもいろいろとありますね。